仮想通貨 PR

【初心者向け】MetaMask(メタマスク)をChromeにインストール・設定する方法

メタマスクをクロームにインストール・設定する方法
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

こんにちは、ゆっちゃです。
今回は「MetaMask(メタマスク)をChromeにインストール・設定する方法」を解説します。

  • 初心者に分かりやすくMetaMask(メタマスク)のインストール方法を教えてほしい
  • MetaMask(メタマスク)のインストール・設定方法がわからない
  • NFT、DeFiを始めるためにMetaMask(メタマスク)をインストールしたい

こんな悩みをお持ちじゃないですか?

本記事を読むことで、初心者でもMetaMask(メタマスク)をインストール・設定ができますよ!

この記事では、初心者でもわかりやすく、実際の画像を使って解説しています!

手順に沿って進めれば、インストールから設定まで5分程度でできちゃいます!

それでは、解説していきますね。

こちらの記事では、イーサリアムを購入する方法を解説しています。

NFTを購入するには、イーサリアムがメインとなってきます。

興味がある方は、参考にどうぞ。

MetaMask(メタマスク)とは?

MetaMask(メタマスク)は、仮想通貨専用のお財布(ウォレット)です。

ウォレットに仮想通貨を入れて、様々な取引を行います。

例えば、DeFiで仮想通貨の運用やNFTを購入したいとします。

その際に、DEX(分散型取引所)やOpenSeaにウォレットを接続して取引をします。

つまり、様々なサービスを使うには、ウォレットが必須ということです。

他にもウォレットの種類はたくさんあります。

また、ブロックチェーンによって、使うウォレットは違います。

とりあえずETH系のサービスから始めたい方は、MetaMask(メタマスク)を入れておけば問題ないです。

MetaMask(メタマスク)を使う前に知っておきたいこと

MetaMask(メタマスク)を使う際に知っておきたいことを解説します。

  • シークレットリカバリーフレーズ(秘密鍵)は厳重に管理する
  • GAS(ガス)代とは?
  • 使いたいブロックチェーンを確認する

上記について、それぞれ解説しますね。

シークレットリカバリーフレーズ(秘密鍵)は厳重に管理する

シークレットリカバリーフレーズ(秘密鍵)は誰にも教えてはダメです。

これを教えるのは銀行口座、クレカのパスワードを教えているのと一緒です。

特に注意が必要なこと2つのことは下記のとおりです。

  • 保管について
  • スキャム(詐欺)について

シークレットリカバリーフレーズ(秘密鍵)は、アカウントの復旧やパスワードを忘れたときに使うものです。

むやみに人に教えたりして、ハッキングやスキャム(詐欺)に遭わないようにしましょう!

それぞれ解説しますね。

保管について

シークレットリカバリーフレーズ(秘密鍵)の保管は必ず紙に控えましょう。

デジタル上(メモ、スクリーンショットなど)に保管しないようにしましょう。

もし、パソコンがウイルスに感染して、ハッキング被害に遭って秘密鍵が流出したとします。

秘密鍵が流出したら、仮想通貨やNFTなどの資産を抜かれてしまいます。

これってすごく怖いですよね。

できるだけ紙媒体で保管するようにしましょう。

紙媒体での保管が不安であれば、紙媒体を金庫に入れるて保管するか、秘密鍵用のステンレス製の金属板などがオススメです。

最後に、シークレットリカバリーフレーズ(秘密鍵)を忘れたり、紛失したらウォレットの復旧できなくなります。

要するに、秘密の鍵を紛失すると、資産を失うということです。

ですので、シークレットリカバリーフレーズ(秘密鍵)は、必ず大切に保管しましょう。

スキャム(詐欺)について

運営などがシークレットリカバリーフレーズ(秘密鍵)を聞いてくることはありません。

もし、運営や誰かが聞いてきたら、スキャム(詐欺)なので教えないようにしましょう。

また、信頼できるサービス以外は、ウォレットの署名と承認をしないようにしましょう。

署名と承認を与えるということは、仮想通貨やNFTを送る権利を与えるということです。

ウォレットの署名と承認をする際は、必ず信頼できるかよく確認しましょう。

GAS(ガス)代とは?

ガス代とは、DeFiやNFT取引をするときの手数料です。

どんなサービスや取引をする際も、ガス代は必須です。

ウォレットにガス代が入っていないと、利用できないので必ず入れておきましょう。

使いたいブロックチェーンを確認する

自分が使いたいDeFiやNFT取引が、どのブロックチェーン上にあるか確認しましょう。

例えば、今話題のNFTのCNP(CryptoNinja Partners)を売買したいとします。

CNP(CryptoNinja Partners)はイーサリアム上に存在します。

ですので、使うブロックチェーンはイーサリアムを選択していることを確認します。

また、仮想通貨の送金などで、ブロックチェーンや送金アドレスを間違えると、その仮想通貨を失うことになります。

初めて、仮想通貨の送金などをする場合は、少額を送金してテストしてみると安心ですよ。

MetaMask(メタマスク)のインストール・設定方法

MetaMask(メタマスク)をインストール・設定する方法は3ステップです。

  1. MetaMask(メタマスク)をインストール
  2. 新規ウォレットの作成
  3. シークレットリカバリーフレーズを確認

上記の3ステップでできます!

それでは、インストール・設定について解説します。

MetaMask(メタマスク)をインストール

①MetaMask(メタマスク)の公式サイトにアクセスします。

下記のリンクは公式です。
※検索すると偽サイトが表示されることもあるので注意しましょう。

https://metamask.io/

※必ずURLの確認をしてください。

②公式サイトにアクセス後「Download for」をクリックします。

メタマスクのインストール1

③「Chromeに追加」をクリックします。

メタマスクのインストール2

④「拡張機能を追加」をクリックします。

メタマスクのインストール3

⑤Chrome右上の「拡張機能」をクリック。
次にMetaMask(メタマスク)のピンをクリックして固定します。

メタマスクのインストール4

拡張機能の固定にMetaMask(メタマスク)のきつねマークが表示されればOKです。

次に「新規ウォレットの作成」に進みますね。

新規ウォレットの作成

⑥「ウォレットを作成」をクリックします。

新規ウォレットの作成1

⑦「開始」をクリックします。

新規ウォレットの作成2

⑧品質向上へのご協力のお願いを確認します。
確認したら「同意する」をクリックします。

新規ウォレットの作成3

⑨パスワード作成と入力します。
利用規約にチェックを入れて「作成」をクリックします。
※このパスワードはMetaMask(メタマスク)のログイン時に必要になります。
※必ず控えておきましょう。

新規ウォレットの作成4

シークレットリカバリーフレーズを確認

⑩シークレットリカバリーフレーズとウォレットに関するビデオを再生します。
確認して「次へ」をクリックします。
※見なくても次に進めます。

シークレットリカバリーフレーズを確認1

⑪シークレットリカバリーフレーズ(秘密鍵)を確認して紙媒体で控えます。
シークレットリカバリーフレーズはクラウド上ではなく、紙媒体で保管しましょう。
「次へ」をクリックします。
※ハッキングにあってシークレットリカバリーフレーズが流出したら、資産を失います。

シークレットリカバリーフレーズを確認2

⑫次に「シークレットバックアップフレーズの確認」という画面に切り替わります。
⑪で控えた「シークレットリカバリーフレーズ」がランダムに表示されています。
順番に選んで、選び終わったら「確認」をクリックします。

⑬以下の画面に切り替わったら「すべて完了」をクリックします。

シークレットリカバリーフレーズを確認3

以上でメタマスクの作成は完了です。
お疲れさまです。

まとめ

お疲れさまです!
ここまで読んでいただきまして、ありがとうございます。

今回は「MetaMask(メタマスク)をChromeにインストール・設定する方法」を解説しました。

もう一度、MetaMask(メタマスク)のインストール・設定方法をおさらいします。

  1. MetaMask(メタマスク)をインストール
  2. 新規ウォレットの作成
  3. シークレットリカバリーフレーズを確認

上記のとおりでしたね。

MetaMask(メタマスク)を使うことで、様々なサービスを利用できるようになります。

例えば、NFTやDeFi、ブロックチェーンゲームを触ることができます。

ぜひこの機会に、クリプトの世界を体験してみてください!

こちらの記事では、イーサリアムの購入方法を解説しています。

興味のある方は、ぜひどうぞ。

こちらでは、ふるさとCNPについて詳しく解説しています。

ふるさと納税で寄付することでご当地のCNPが受け取れます。

興味のある方は、ぜひどうぞ。